ふしぎなかたつむり

IMG_3047

幼児クラス、「ふしぎなかたつむり」のテーマが終わりました。

写真は、クレパスで最後の仕上げをしているところ。クレパスをつかっているので机全面に新聞紙をひいていますが、こどもたちの絵の色の美しさ、わかりますか?

今回は、なないろに光るふしぎなかたつむりの物語を聞いて描く、想像画のテーマでしたが、もうひとつのテーマに、“三原色で描く”を加えています。

つまり、赤、青、黄の3つの色から作った色だけをつかう、というわけです。

子どもたちは最初こそ、「うわ!青と黄色でみどりになった!」「青に赤がまざっちゃったけど…ムラサキになった…!」「赤と青と黄色しかないのに黄土色ができるの…?」なんて大騒ぎしましたが、いろんな色がどんどんできてくると、「ふっふっふ… ぼくはこんな色もつくれちゃうんだもんね〜」という表情のまま(笑)、夢中になって画用紙をうめていましたよ。

念のため(?)、仕上げのクレパスも、3原色のみの使用です。

ジメジメしてなんとなく憂鬱なこの梅雨の時期、子どもたちのきれいなかたつむりの絵を飾って、楽しい気分になってもらえたら、嬉しいですね。

 

 

 

blogカテゴリーの記事