昨年の工作は…

2016年、造形教室での最後の工作は「おかしの工作&いちにち工作」だったのですが、その前のテーマが「年賀状」…。

そしてその前のテーマの紹介が途中までだったな…と気づきましたので、改めてここでご紹介!します。

 

使った素材は松ぼっくり、でした。

上の写真は幼児クラスの作品『かぞくの木』。松ぼっくりを木に見立てて、家族分の顔を作ったり、カラーねんどで飾りを作りました。

下の写真は小学生クラスの『どうぶつ松ぼっくり』で、自分の好きな動物の顔を松ぼっくりにくっつけて作り、その後その動物が住んでいる家や庭を作りました。

 

授業の中のおはなしで、「松ぼっくりって、なんの木になるの?」とこどもたちに聞くと、みんな一様に「え?」「木になるの?」なんて表情をしましたが、いろいろおなはしを聞くうちに、「松ぼっくりって、種なんだね」と気付き、考えがまとまると、「あ!松の木!」なんて答えがでてきました。

また、こどもたちの掌にすっぽりと収まる、かわいい小さな松ぼっくりから、両手でもっても隠しきれないような大きいもの、またなんとも不思議な感じのインドの松ぼっくりなど、いろんな種類を見て勉強しましたよ。

blogカテゴリーの記事