ビー玉ジェットコースター!

今週の工作はクラスの友だちと協力して制作する「ビー玉ジェットコースター」!

教室中を使ってコースを作り、ビー玉を走らせましたよ。

 

さて、コースを作るうえで大事なのは高低差です。

もちろん、ビー玉は高いところから低いところへと転がりますし、また、あまりにも急な高低差をつけてしまうと加速しすぎてコースから外れてしまいます。“ちょうどいい”傾斜を見つけることが大事なのです。

子どもたちは教室にあるイスや、絵具で使う水入れ、竹の筒などをつかって高さを作りました。それこそ微妙な高さが欲しいときには消しゴムだって使いました(笑)

材料を集める人、ガムテープを切る人、コースを考える人など役割分担をし、友だちと協力してグループそれぞれで作ったコースを、最後にひとつのコースとしてつなげたときは、歓声があがりました。

仕上げに、ゴール地点に木琴を置き、ビー玉が音を出すようにしました。

どのクラスも、一生懸命に作り上げていましたよ。

blogカテゴリーの記事