夏休みの工作「木の昆虫の標本箱」、順調に進んでいます!

小学生クラス、夏休みに入ってから、いえ、小学校が夏休みに入る前からずーっと、木を切り続けています。

昆虫の部品(頭や体、足、ツノなど)をノコギリで切ってはボンドでくっつけ、また切っては付け…を繰り返し、特に先週は箱作りのために平板を切りました。

いい加減、みんな疲れてくるかな…?という心配はまったく必要なく、むしろ、どんどん楽しそうに木を切っていく子どもたち(笑) 昆虫がひとつひとつ出来上がる度に充実感を味わっているようです。

お盆休み明けには持ち帰りの予定です。どうぞお楽しみに!

blogカテゴリーの記事