教室にお花が満開です!

色とりどりのお花がいっぱいで、きれい! な教室の風景です。

2月から1か月とちょっと、という長い時間をかけたペーパークラフトがようやく完成し、みんな持って帰ったのが先週のこと。お迎えのお母さん方がこどもたちの作品を見た瞬間の第一声、「うわー!!すごい!!」「きれいねえ!」「すごいねえ!」という声が駐車場にあふれて、こどもたちも嬉しそう!

こどもたちは本当にみんなとてもよく頑張りました。おおいに自慢して、部屋や玄関に飾ってほしいものです。(飾っているそうです(笑))

ちなみに、ひとり分の作品はこちら。

教室では、1年生から6年生まで同じクラスで制作しているため、どうしても作業の速さ、綺麗さの差はあります。また、風邪などでお休みをする場合などもあり、お花の数が少ない場合があります。

それでも、持ち帰ってきた作品をよくよくみていただければわかると思いますが、ひとつひとつのお花の花びらなどのパーツ、植木鉢の模様など、それぞれに工夫をこらした箇所がたくさんあります。

ぜひ家族みんなで、こどもたちの「ここを頑張った自慢」をきいてあげてくださいね。

さて、今年も3月となり、いよいよ6年生が卒業していくことになりました。今は最後の絵のテーマを制作中ですが、さすがに6年生、みんなそれぞれに腕をあげています。

寂しくはなりますが、成長していくことは嬉しいことです。造形教室で培った、絵や工作の楽しさ以外にも集中して頑張ることの大切さを忘れずに、羽ばたいていってほしいと思っています。

blogカテゴリーの記事