造形恒例「むしの時間」

以前、「幼虫の観察」をしたカブトムシたちが成虫になったので、子どもたちと再び観察です!

教室へハンドバック代わり(?)に虫かごを持ってくる強者たちもいるなかで、やっぱり「カブトムシ? さわったことない」「こわい」「苦手」という子どもたちも、もちろんいます。

でも、子どもたち同士って、やっぱりいいですね。

嬉々として触る友だちに触発されて、「もうちょっと近くで観てみよう…」「自分も触れるかな…?」「さわってみよう…」「触れたっ!!」

と、なっている子の表情の面白いこと! もう、ひと山越えたっ!という感じです(笑)

一度触れると、あとは簡単です。どんどん触ります。

次からは、「せんせー、オレ、この前、クワガタ捕まえたもんね〜」と、自慢してきます(笑)

blogカテゴリーの記事