「好きなもの」を描きました

「チョークの彫刻」のあと、「夏の工作」に入る前の2週で取り組んだ絵のテーマは「好きなものをえがこう」でした。

2週で完成させるため画用紙の3分の1ほどの大きさですが、ちょっと変形サイズなのが面白いところ。こどもたちもこのサイズを活かそうと、いろいろ工夫しましたよ。

まず、2週間、つまり2回の授業で完成させるため、主役はひとつを大きく描くこと。

小さいサイズの紙だからこそ広がりを感じられるよう、地平線はまあるく描いています。

色塗りも、大きな画用紙で描くよりも若干薄めに、明るく仕上げました。

じっくり時間をかけて仕上げる場合もあれば、短時間で完成させる経験も大切です。みんな見事にいい作品を完成させました。

さて、今現在の造形教室は「夏の工作」の制作中です。作りたいものが明確になり、あとは頑張るのみ。たのしい作品が出来上がることを期待してくださいね。